下痢するって本当!?原因はコレかも?

 

良く乳酸菌を取ると、下痢になる、

 

お腹を下すという噂が飛び交って

 

いると思います。

 

 

果たして、乳酸菌を摂ると

 

下痢になるのか?

 

いくつか間違った摂取による原因が3つ

 

思い当たりますので、

 

紹介していきます。

 

  1. 乳酸菌の過剰摂取による下痢?
  2. 体質で乳糖不耐症の方
  3. 腸内環境のバランスを調整中

 

1.乳酸菌の過剰摂取が原因!?

 

乳酸菌と言えば、ヨーグルトが

 

普段から食べていると思いますが、

 

現在ではサプリメントでも

 

気軽に摂ることができますよね。

 

 

乳酸菌は、ヨーグルトに比べて

 

サプリメントで摂る方が、

 

何倍も摂ることが可能なんです。

 

ヨーグルトをたくさん食べて、

 

下痢をする人は、もしかしたら、

 

乳酸菌というよりも、

 

冷たい状態でたくさん胃や腸に入れて

 

しまうので体内が冷えてしまい

 

お腹を下す、下痢になる可能性

 

があります。

 

 

2.体質自体が実は乳糖不耐症が原因!?

 

牛乳やヨーグルトなど乳製品を

 

飲んだり食べたりすると、

 

すぐお腹を壊す、下痢になるという方は、

 

もしかしたら

 

乳糖不耐症」の

 

可能性があります。

 

豆知識

乳糖不耐症とは、消化酵素の

ラクターゼの欠乏により乳糖が消化
できない状態のことで、
下痢や腹部のけいれん痛を起こします。

 

乳糖不耐症は酵素のラクターゼが欠乏
しているために起こります。


引用:MSDマニュアル家庭版より

 

 

ヨーグルトや乳酸菌サプリメントを食べたり

 

飲んだりして、お腹を下す、

 

下痢をする方は、飲むのを控え、

 

一度かかりつけ医などへ

 

相談することをオススメします。

 

 

3.腸内環境のバランスを調整中が原因!?

 

現代人は、とにかく忙しい日々を

 

送っています。

 

男性・女性ともに共働きして

 

生計を立てているので、

 

どうしても、規則正しい食生活や

 

十分な睡眠、適度な運動などは、

 

なかなかおこなえないですよね。

 

 

不規則な生活を

 

繰り返していくと、

 

体のサイクルや腸内環境も

 

バランスが崩れ、

 

正常に機能しなくなってきます。

 

 

そこへ乳酸菌サプリメントなど

 

飲んでいくと、

 

腸内環境はわりと早い段階で

 

体の変化が表れやすい

 

部分ですので、

 

バランスの崩れた環境を

 

正常な機能に戻そうとして

 

、調整運動をおこなって

 

いくわけです。

 

 

調整運動をおこなっていく過程で、

 

お腹を下す、ちょっと

 

下痢っぽい状態になる可能性もあります。

 

下痢が長く続く場合は、

 

乳酸菌というよりも

 

病気の可能性もありますので、

 

かかりつけ医に相談されることを

 

オススメします。

 

 

ただ、バランスを良好に

 

整える調整段階

 

ですので、ちょっとお腹を壊しても

 

すぐにおさまるケースがほとんど

 

そのうち、腸内環境の

 

バランスが整え、

 

正常な機能へと戻ってきます。

 

 

乳酸菌は一度に飲んで、

 

溜め込むことはできません。

 

 

毎日、継続して摂取することで

 

腸内環境を常に良好なバランスを

 

保てるので、内脂サポートを

 

飲み続けて太りにくい体質、

 

健康なカラダを手に入れましょう♪

 

 

 

※在庫残りあとわずか

 

 

 

 

 

 

 

>>内脂サポートの飲み方記事へ

ページの先頭へ戻る